マー君 エンゼルス戦先発へブルペンで24球

[ 2019年4月24日 11:40 ]

ヤンキースの田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキース・田中将大投手(30)は23日(日本時間24日)、敵地エンゼルスタジアムのブルペンで24球の投球練習を行った。中4日で25日(同26日午前10時7分開始)、同地でのエンゼルス戦に先発する。

 前日に一度は次回先発予定が26日(同27日)の敵地でのジャイアンツ戦と発表された。だが、試合が延長14回に及ぶ熱戦となり、6投手が登板。23日に傘下3Aから昇格させて先発見込みだった右腕ロアイシガを急きょブルペンに入れて、田中の登板日は従来想定されていた25日のエンゼルス戦に戻った。

 エ軍戦はメジャー通算6試合に登板し、3勝0敗、防御率1・59と抜群の相性を誇る。特に敵地エンゼルスタジアムでは、3試合で2勝0敗、防御率0・89。20回1/3を投げ、11安打4失点2自責点で、26三振を奪っている。

 前回20日のロイヤルズ戦は、7回4安打1失点と好投し今季2勝目(1敗)を挙げた。開幕から5試合中、4度が1自責点と安定した投球が続いている。防御率2・76で、22日時点でア・リーグ6位につけている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月24日のニュース