ヤクルト 今季初の3連敗…小川監督 ブキャナンが坂本勇から被弾「あれが一番大きかった」

[ 2019年4月24日 22:52 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―7巨人 ( 2019年4月24日    神宮 )

<ヤ・巨>2回1死一、三塁、坂本勇に3ランを浴びるブキャナン(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは巨人に敗れ今季初の3連敗となった。先発のブキャナンが2回1死一、三塁から坂本勇に3ランを浴びるなど、4回8安打5失点でKO。

 小川監督は「(坂本には)カウントを悪くして高めの球を打たれた。もう少し踏ん張って欲しかった。あれが一番大きかった」と話した。

 ブキャナンは「結果からすると、不用意な投球になってしまったところがあったと思う」と反省した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月24日のニュース