中日、平田2発も空砲 与田監督はアドゥワに脱帽「ボールも細かく動いていた」

[ 2019年4月24日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―3広島 ( 2019年4月23日    マツダ )

初回無死、平田は中越えに初球先頭打者本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 中日は平田の先頭打者本塁打を含む4年ぶり3度目の1試合2発は空砲となった。初回、初球の直球を中堅へ運んだ2号ソロは自身4本目の先頭弾。5回は左翼へ3号ソロと気を吐いた。15年7月20日の広島戦以来の1試合2発に「真っすぐを1球で仕留められたことは良かった」と話した。

 ただ、打線はアドゥワの前に決定打を欠き今季3度目のサヨナラ負け。与田監督は「長身から角度があり、ボールも細かく動いていた」と脱帽した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月24日のニュース