マエケン 今季ワースト6失点で2敗目 序盤制球定まらず

[ 2019年4月24日 12:05 ]

ナ・リーグ   ドジャース2―7カブス ( 2019年4月23日    シカゴ )

カブス戦に先発登板したドジャース・前田健太投手(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が23日(日本時間24日)、敵地シカゴでのカブス戦で今季5度目の先発登板。4回74球を投げ、7安打3四球1被本塁打5奪三振6失点で今季最短での降板。4勝目とはならなかった。

 初回、制球が定まらず、安打と四球で2死満塁とすると、6番コントラレス、7番デスカルソに連続適時2塁打を浴び、4点を失う苦しい立ち上がりに。2回にも3番リゾに外角高めの直球を逆方向の左翼席まで運ばれ、2点本塁打を許した。3~4回は、前の打席で本塁打を浴びたリゾに対し三振を奪うなど三者凡退で無失点に抑え、リズムを取り戻した。

 5回表は自身の打席に立つも、その裏のマウンドには上がらなかった。この日は4回74球を投げ、7安打3四球1被本塁打5奪三振、今季ワーストの6失点での降板。防御率は、5.20となった。

 チームは3回に2死二塁からターナーの適時二塁打などで反撃するも、相手先発キンタナに対し4安打2得点に抑えられ、連勝を逃した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月24日のニュース