阪神・青柳やっと初星!鮮やか併殺ショー ハマに“ゴロ魔神”降臨

[ 2019年4月24日 06:00 ]

セ・リーグ   阪神8―3DeNA ( 2019年4月23日    横浜 )

力投する青柳(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 地元で待望の白星をつかんだ。阪神・青柳は、初回から走者を背負いながらも併殺でピンチをつみ取る「必勝法」で6回1/35安打3失点(自責2)。佐野に3ランこそ浴びたが、今季4試合目での初勝利に表情は緩んだ。

 「(併殺で仕留めて)楽にいけましたね。ゴロを打たせて、シングル(ヒット)はしょうがないと。昨年、(2軍で)矢野監督に教わった投球が体現できたかなと思う」

 鮮やかな“併殺ショー”だった。初回1死からソトに右前打されたがロペスを遊ゴロ併殺。2回も1死一塁から佐野を一ゴロ併殺と効率良くアウトを重ねてリズムに乗った。3者凡退の3回を挟んで4、5回も1つずつ。4個の併殺を奪い反撃機を与えなかった。

 昨年、ファームでローテーションを守る中で、単打を浴びても動揺せず、持ち味のゴロ凡打を積み重ねていくスタイルの習得を矢野監督から進言された。この日も飛球アウトはわずか1でゴロアウトは13を数えた。「8割の力」で腕を振る脱力投法とともに確立した「ゴロ魔神アオヤギ」が君臨。指揮官も「今、投手が苦しい状況なんで、青柳に引っ張っていってもらいたい。流れとしても、本当にいい流れをつくってくれた」と“孝行息子”に目を細めた。

  敵地ながら、生まれ故郷の神奈川での力投を地元の友人たちも球場に駆けつけて見守ってくれた。「地元横浜で勝てたのがうれしい。甲子園とはまた別の歓声があるので、横浜でどんどん勝っていきたい」。完全アウェーもお構いなく、笑顔で言い切れるのも青柳晃洋という男の強みだ

  2年ぶりとなる中5日で週頭のカード初戦を任されたのは期待の表れ。「週頭に使ってもらったのは、昨年より信頼されているのかなと。でも、僕より良い投手はたくさんいますし、与えられたところで仕事をするだけです」。過去3試合は好投しながらも援護に恵まれなかった。4度目の正直で手にした会心の1勝が、飛躍の1年の号砲になる。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月24日のニュース