ソフトB今宮、史上初20代300犠打あと8 川相の最年少記録更新へ

[ 2019年2月3日 05:30 ]

ソフトバンクの今宮
Photo By スポニチ

 【ソフトバンク注目の記録】27歳の今宮は通算300犠打にあと8。過去6人しかおらず、最年少記録は川相昌弘(巨)の30歳7カ月。今宮が史上初の20代での達成となりそうだ。

 昨年までの通算試合数は950試合。こちらのスピード記録も川相で910試合。2位は平野謙(西)の1188試合となっており、歴代2位でランクインする可能性が高い。昨年は99試合の出場にとどまり、11年(18試合)以来の100試合未満。ただし、昨年は6月まで・212の打率が7月以降は・329に向上。復調の兆しが見えたが今季はどうか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース