ソフトB栗原 恒例12分間走トップ「3150です」

[ 2019年2月3日 05:30 ]

ソフトバンク・春季キャンプ ( 2019年2月2日 )

12分間走でトップの栗原(右は川瀬)(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのキャンプで恒例の12分間走が行われ、A組(1軍)トップは5年目捕手・栗原とドラフト4位右腕・板東(JR東日本)の3150メートルだった。

 栗原は「和田さんとの自主トレで走ったので自信はあった。3150(サイコー)です」と汗を拭った。昨年覇者の西田を途中で抜き去り「12分間走は唯一アピールできるところ。走る前は緊張した」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース