巨人・岡本 実戦初安打にガッツポーズ!「一本打てて気持ち的に良かった」

[ 2019年2月3日 18:32 ]

巨人春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

<巨人紅白戦>7回1死、岡本は二塁打を放ちガッツポーズ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 宮崎市で春季キャンプ中の巨人は3日、球団史上最速で紅白戦を行った。1軍の「4番・三塁」に入った岡本は、最後の一打に右拳を掲げた。同点の7回1死。右中間へ今季の実戦初安打となる二塁打を放ち、「しっかりアピールできるようにと思ってた。一本打てて気持ち的には良かった」と二塁ベース上でガッツポーズ。試合後には「まだまだ真っすぐを仕留められていない。タイミングの取り方とかもまだまだですね。(4番は)気にせずにまずは開幕1軍、スタメンをとれるようにしたい」と冷静に分析した。

 今季から本格的に定位置となる三塁の守備は無難に終え「まずは打つことが仕事だと思ってる。(守備も)与えられたところでしっかりやりたい」とあらためて気を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース