ソフトB岩崎が復活ブルペン?!その正体はセーブ王「ユニホームちっちゃい」

[ 2019年2月3日 18:25 ]

ソフトバンク春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

<ソフトバンク春季キャンプ>岩崎のユニホームを着てブルペン投球する森(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 岩崎復活?! ソフトバンクのブルペンで、少し背丈の小さい背番号「17」が声を挙げながら力強いピッチングを披露した。

 その正体は昨季セーブ王の森だった。2日に撮影があり、クリーニングに出したユニホームが戻ってこず、上を岩崎、下を石川に借りたものを着用。少しピチッとしたユニホーム姿に痩せて見えたが、「ユニホームがちっちゃい」と苦笑い。右肘手術から復帰を目指す岩崎を装い、「肘が痛くなったので(ピッチングを)辞めました」とリップサービスも披露した。

 加治屋、嘉弥真ら中継ぎ陣はスロー調整が続く中、入団から5年連続50試合に登板する鉄腕は元気いっぱい。この日はブルペンで29球を投げ、「しんどいけど、自分を鼓舞して追い込んで楽しくやりたい。体重は変わらないけど、走れるデブなので」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース