1月に手術の日本ハム・清水、2軍キャンプに合流 4月後半の復帰目指す

[ 2019年2月3日 14:50 ]

沖縄・国頭の2軍キャンプに合流し、取材を受ける日本ハム・清水
Photo By スポニチ

 日本ハムの5年目・清水優心捕手(22)が沖縄・国頭村で行っている2軍キャンプに合流した。1月後半に徳島市内の病院で腰椎椎間板ヘルニア及び嚢腫(のうしゅ)の手術(PED法)を受けていた。

 昨季自己最多86試合に出場した22歳は前日に退院。この日は入念なストレッチや体感トレーニングなどで体を動かした。正捕手を狙う勝負の年を出遅れる形となったが、「このキャンプ中の間にキャッチボールまでもっていきたい」と意欲的。復帰時期についても4月後半を目標に掲げ、「最低でもゴールデンウイークには上(1軍)の方でやりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース