大阪桐蔭コンビが立大野球部寮入寮 山田&宮崎 高・大日本一へ

[ 2019年2月3日 05:30 ]

立大野球部寮に入寮した大阪桐蔭の山田(左)と宮崎
Photo By スポニチ

 立大のアスリート選抜入試に合格した大阪桐蔭出身の甲子園春夏連覇コンビ、山田健太と宮崎仁斗が2日、同大野球部寮に入寮した。二塁手として根尾(中日)とコンビを組んだ山田は「自分も立教で力をつけてプロの世界でやってみたい」。憧れは同校OBの楽天・浅村で「六大学で打点王を獲りたい」と話した。左翼手として藤原(ロッテ)と外野を担ってきた宮崎も「プロに行った同期はすでに第一線でやっている。ただ僕らの目標は高校、大学で日本一。高校日本一は自分たちだけなので、2人で引っ張っていきたい」と意気込んだ。

 また明大野球部もスポーツ推薦合格者15人中13人が入寮。日大三で主将を務めた日置航は「ずっと練習してきた。早く大学のレベルに近づきたい」と意欲満々だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース