ロッテ 新外国人バルガス“鬼に金棒”!?節分でノリノリ「もう一度、やりたいくらい」

[ 2019年2月3日 12:03 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

節分の行事を体験したロッテの新外国人レアード(左)とバルガス(右)
Photo By スポニチ

 ロッテの新外国人バルガス、レアードの2人が3日、節分を体験した。

 鬼に扮した担当記者に豆を全力で投げつけたが、バルガスはそれだけでは飽き足らず、自ら赤鬼の面をかぶり、バットを金棒に見立てるなど、ノリノリ。「楽しかった。もう一度、やりたいくらいだ」と興奮気味に初体験を振り返った。

 来日5シーズン目のレアードも、差し出された恵方巻きに「オー! スシ!」と今年の恵方である東北東を向いてかぶりついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース