巨人・原監督 ブルペンで熱血指導!今村には「成長したなあ!」

[ 2019年2月3日 18:15 ]

巨人春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

<巨人宮崎キャンプ>菅野(右)の横で投げていた沢村(左)は原監督(右から2人目)の熱血指導を受ける。左から2人目は水野コーチ
Photo By スポニチ

 紅白戦終了後にブルペンに足を運んだ巨人・原監督が、次々に投手に声を掛けた。

 まずは沢村。自ら身ぶり手ぶりを交えて「体重移動をもう少し長くした方がいいね」と伝えた。沢村自身が取り組んでいる課題とも一致したといい、右腕は「監督、コーチが言っていることと自分の課題が一緒。少しでも早く自分のものにできるようにしたい」と話した。

 さらに指揮官はヤングマン、メルセデスの助っ人コンビにも笑顔で話しかけるなど積極的にコミュニケーション。左腕・吉川光には「もうちょっと“遊び”をもって投げよう」と声を掛けた。「打者を上から見るぐらいのつもりで、自分自身に自信を持って投げれば、と言われました」と吉川光。

 原監督は今村にも笑顔で「成長したなあ!」と褒めるなど、持ち前の明るさでブルペンを盛り上げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース