ロッテ・ドラ2東妻が絶叫ブルペン ドラ3小島は“苦情”「うるさい」

[ 2019年2月3日 05:30 ]

ロッテ・春季キャンプ ( 2019年2月2日 )

ブルペンで投球練習する東妻(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト2位・東妻(日体大)は井口監督が見守る中で「絶叫ブルペン」を披露した。

 最速155キロ右腕は捕手が座った状態で41球。「おりゃーっ!」と雄叫びを上げて投げ込んだ。2つ隣で投げた3位・小島(早大)から「うるさいよ」と練習後に苦情が入るほどだが、指揮官は「気持ちの入った球を投げていた。うちにはいないタイプ」と評価。中継ぎには珍しくワインドアップで投げることについて、東妻は「この投げ方が一番力が入る。貫きたい」とこだわりを語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース