勝負の4年目へ!巨人・桜井 紅白戦で1回零封アピール「最初にしてはいい感じ」

[ 2019年2月3日 18:45 ]

巨人春季キャンプ ( 2019年2月3日 )

<巨人紅白戦>7回の1イニングを無失点に抑え、小林(左)とベンチに戻る桜井(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 4年目を迎えた巨人・桜井が紅白戦でアピールした。1軍組の4番手として7回に登板。1死後に吉川大に右前打を許すも、盗塁死の後は3番・立岡を中飛に仕留めた。

 「テーマは真っすぐでファウルを取ること。最初にしてはいい感じで入れた」。1回を1安打無失点。15年ドラフト1位右腕。過去3年は1軍で未勝利に終わっており、勝負のシーズンへ向けて「次は変化球の精度。変化球でカウントが取れるか、そこをしっかりやりたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年2月3日のニュース