侍J3番手・岩貞 あっという間の5失点「今の球をそのまま表した内容」

[ 2018年11月7日 19:43 ]

侍ジャパン壮行試合   日本―台湾 ( 2018年11月7日    ヤフオクD )

<日本・台湾>5回2死一、二塁、藍寅倫に3ランを浴びる岩貞(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの3番手・岩貞祐太投手(27=阪神)が、5回に3ランを含む5安打を浴びて5点を失った。

 0―0の5回から3番手で登板。先頭打者に安打を許すと、犠打と安打で1死一、三塁に。2死までこぎつけたものの、2適時打と3ランの3連打を浴びて5点を失った。

 岩貞は「今の球をそのまま表した内容。状態を上げていくしかない」とコメント。

 日本は打線が5回まで無安打、走者は四球の一人だけと沈黙している。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース