侍ジャパン田中和 フェンス激突好守 まずは守備で代表定着アピール

[ 2018年11月7日 19:19 ]

侍ジャパン壮行試合   日本―台湾 ( 2018年11月7日    ヤフオクD )

<日本・台湾>3回2死、陳傑憲の飛球を好捕する左翼手・田中和(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの田中和基外野手(24=楽天)が、好守を見せた。

 「9番・左翼」でスタメン出場し、3回2死から左翼線への飛球をスライディングキャッチ。そのままフェンスに激突するプレーで、2番手・浜口を盛り立てた。

 2年目の田中和は楽天で今季、105試合に出場し、打率.265、18本塁打、21盗塁をマーク。「1番・中堅」のリードオフマンに定着した。パ・リーグ新人王の有力候補に挙がっている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース