台湾監督 侍J覚悟「全力で勝ちにいきたい」

[ 2018年11月7日 05:30 ]

会見を終え記念写真の(左から)台湾代表の陳俊秀、黄甘霖監督、日本代表の稲葉監督、甲斐(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 台湾代表の黄甘霖(ホァン・ガンリン)監督は「日本に来た以上は全力で勝ちにいきたい。レベルの高いチームなので選手の成長につながれば」と話した。

 今季打率・375でラミゴをリーグ優勝に導き、台湾シリーズでもMVPに輝いた強打の陳俊秀は「台湾シリーズの好調を維持して出せるようにしたい。日本のいいところを吸収し、将来的に五輪の舞台で出せるようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月7日のニュース