由伸前監督、岡本に「いろんなものを吸収してほしい」侍J戦でゲスト解説

[ 2018年11月7日 19:54 ]

試合前、話をする岡本(左)と高橋前監督(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 今季限りで巨人監督を退任した高橋由伸氏(43)が、7日、テレビ朝日系列で中継された「侍ジャパン―台湾代表」でゲスト解説者として出演した。

 「これから稲葉監督もいい意味で悩まれるような選手がたくさん出てくれるといいと思いますね」と話した高橋氏。巨人からは岡本和真内野手(22)が「6番・三塁」で先発出場しているが、「特に岡本に関しては、こうしたトップレベルの選手たちの中に入って、いろんなものをさらに吸収してほしいと思いますね」と期待を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース