【阪神・矢野監督語録】「“守屋=インサイド”というのが印象として付けていけば…」

[ 2018年11月7日 05:30 ]

ブルペンで投手陣の練習を見つめる矢野監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ▼植田海はいい打撃 植田海の安打とかは俺の中では価値が高いと思う。そんな早くつかめないけど、今、アイツは凄くいい練習をしていると思う。気持ちを感じる。打っている時でもケージの中では一球一球声が出ていたりとか。凄く成長できるように感じているんだけどね。あの安打も内角に詰まりながら、面であっちに打った安打。凄く価値があると思う。こっちに来た当初、右打席がイマイチだったけど、打撃練習で内容が良くなっているし、ミスショットも減ってきている。アイツが出れば、相手にとっては凄い嫌な走者。魅力がある。

 ▼糸原は勝負強い 健斗はアレ(右中間二塁打)ぐらい普通じゃないかな。健斗レベルというと、アレだけど。練習だって、見ていたら一番ミスショットが少ない。どのコースにも同じような強さでしっかり捉えられるというのは健斗の一番の強み。際どいボールも選んで広角に打てて、外野の頭を越す打球も打てるし。両方(左右方向に)打てると思う。引っ張りに行ったら引っ張った打球を打てる。基本的に打率を残そうと思えば面をこっち(逆方向)に向けて行きながら打つというのが、打率は上がってくるから。追い込まれたら、そうなるけど。引っ張る打撃もできる。勝負強さを持った選手やと思う。

 ▼投手では守屋 俺も今年2軍でアイツと1年付き合って“諦めんなよ。まだまだチャンスある。でも後悔を残すなよ。一生、プロ野球選手じゃおられへんぞ”と。一日一日そういう風にね。日にちも(年間で野球ができるのが)二百十何日やったか。毎日、悔いを残さないというか、目いっぱいやれた、と思えるように頑張るぞと。みんなに話したけど、そういうのもね。俺は、たまたま誰かに聞いたんだけど「あと何日になっちゃいましたね」とか(言っていたらしい)ね。たぶん今年に凄く懸けていたよ。危機感を持ってね。

 ▼味方への内角攻め 右打者のインコースに。悠輔(大山)にもカウント3―2からのインコース。原口にも。俺がアイツに言っていたのは、1回だけ1軍に上げてもらって札幌ドームで中田翔にスライダーばかり投げて打たれて帰ってきた時にね。“お前の一番いい球は何やねん? 俺は真っすぐやと思う。捕手に投げさせられんな。捕手に何でもウンウンと(うなずいて)投げさせられたら悔い残るぞ”と。今日もアイツは首を振ってインサイドを投げている。2軍でも言っていたのが、抑え方にこだわれと。2軍で抑えるのは、ある意味、当たり前。この打者なら、外の真っ直ぐとスライダーだけで抑えられるかもしれんけど、それではアカン。僕はいつでもインサイドに投げられます、右打者のインコースに行きますというピッチングをね。そういうことを言うと、アイツは凄くやろうとする。右打者のインコースに投げきれるから使える。まだ左打者を抑えるのに課題の部分が残っている。それ(課題)がなかったら、1軍に行っているわけやから。守屋=インサイドというのが印象として付けていけば、プロで活躍できるところにつながると思う。

 ▼尾仲も良い 尾仲も良かった。尾仲も結局、真っすぐ、カット、スライダー系が良いからこそね。中継ぎって、得意な球で勝負したくなる。だけど今日も藤谷にインコースか。坂本もインコースで三振を取ったかな。調子があまり良くない時でも、ピッチングを作れる球になる。この秋のキャンプが始まる前に投手陣にはインコースにしっかり意識を持つように…という話はしている。自身を生かしていくためにも、あそこに投げきれるというのは凄い武器。それはもう、対のボールになるから。いいところに行ってもスライダーを待っていたら、打ってくる。そこで逆にドンッと突けることで、両方とも生きてくるから。

 ▼才木は聞いて感じ取って 今年もそうだったみたいで、隆(梅野)に聞いてもそうだったんだけど、決めに行く真っすぐ(左打者の内角球)が、ちょっとシュート回転する。今日もミスというか、思っているところに行っていない感じ。やっぱり、あそこに投げ切れることが、才木の投手としての生命線の部分でもあると思う。ちょっと見た時にフォーム的に感じたことがあったから、それを伝えに行ったんだけどね。俺だけじゃなくて投手コーチからも捕手からも、いろんなアドバイスを受けると思う。あとは本人が一番、いろいろ感じ取っていると思う。この球をしっかり投げ切れるという自信が出てくると、もっと球数を少なく抑えられるし、貯金の出来る投手になっていける。

 ▼望月も良い モッチー(望月)も、だいぶ良いね。2軍でやっていた時はフォークがちょっと使い方が難しいというかね。決め球で使っても結局、明らかなボールだったり、中途半端な球になっていたんだけど、だいぶ良くなってきていた。スライダーも良くなってきている。真っすぐは元々、力があるし。一個一個の質は2軍で見ている時より上がっていると思う。そこら辺の話をちょっと聞いていたんだけど。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース