西武・炭谷がFA権行使へ「他球団の評価を聞いてみたい」 8日会見 巨人などが獲得興味

[ 2018年11月7日 16:24 ]

西武の炭谷
Photo By スポニチ

 西武の渡辺久信SDは7日、炭谷銀仁朗捕手(31)から保有する海外FA権を行使すること旨の連絡を受けたことを明かした。「昨日電話がありました。手を上げたいということで、ほかのチームの評価を聞いてみたいという話でした」と説明した。

 プロ13年目の今季は47試合の出場に止まった炭谷だが、渡辺SDは「優勝するために絶対に必要な戦力。捕手がなかなか育たない中で、ライオンズであそこまでになった。最大限の条件を出した」とこれまで3回会談して、思いを伝えたという。球団は宣言残留も認めているが、巨人や楽天が興味を示している。

 炭谷は8日に会見を行う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月7日のニュース