楽天・平石監督 ポリバレントで得点力アップを 今季リーグ最低

[ 2018年11月7日 05:30 ]

 「ポリバレント」な選手をつくる。楽天・平石監督は本拠地での秋季練習後、遊撃手の茂木に左翼、一塁手の銀次に三塁と左翼、外野手の島内に一塁の練習をさせることを明かした。

 「ケガ人が出た場合に備えるというのもあるし、点を取るために勝負をかけないといけない時に使う可能性がある」と意図を説明。打撃力の高い選手が複数のポジションをこなすことで、出場機会を増やし、リーグ最低の520得点に終わった得点力アップを図る。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース