ナ・リーグ新人王最終候補は日米野球出場組ら

[ 2018年11月7日 05:30 ]

ファンとの「自撮り」に応じるアクーニャ(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 ナ・リーグ新人王の最終候補には日米野球に出場するアクーニャ(ブレーブス)、ソト(ナショナルズ)と、ワールドシリーズでも好投したビューラー(ドジャース)が入った。

 MVPでアはベッツ(レッドソックス)、ナはイエリチ(ブルワーズ)ら、サイ・ヤング賞ではナがデグロム(メッツ)、アはスネル(レイズ)らが候補入りした。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース