初選出の侍J田中和 ようやく6回チーム初安打 3回好捕に続くアピール

[ 2018年11月7日 20:09 ]

侍ジャパン壮行試合   日本―台湾 ( 2018年11月7日    ヤフオクD )

<日本・台湾>6回1死、田中和は右中間にチーム初安打となる二塁打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 侍ジャパンにようやく初安打が飛び出した。初選出の田中和基外野手(24=楽天)が「9番・左翼」でスタメン出場し、6回に右前二塁打を放った。

 中堅寄りの打球で、快足を飛ばして一気に二塁へ。後続が倒れて無得点に終わったものの、価値ある一打となった。3回の守備では左翼線の打球をスライディングキャッチ。フェンスに激突する果敢なプレーを見せるなど、稲葉監督に代表定着をアピールした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月7日のニュース