台湾指揮官、白星に喜び「自信につながる」 3ランの藍寅倫は「柳田選手のように…」

[ 2018年11月7日 22:57 ]

侍ジャパン壮行試合   台湾6―5日本 ( 2018年11月7日    ヤフオクD )

 台湾は2本塁打などで6点を奪い、守っては7投手の継投でリードを守り切った。黄甘霖監督は日本を破る殊勲の星に「今後に向けて、台湾選手全体の自信につながる」と喜んだ。

 打者は力強いスイングが目立ち、投手は緩急を生かした投球が光った。5回に逆方向の左越えに3ランを放った藍寅倫は「走攻守がそろっている(ソフトバンクの)柳田選手のようになりたい」と意欲的に語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月7日のニュース