巨人 上原も阿部も現役続行へ 最年長43歳と野手最年長39歳

[ 2018年10月20日 06:45 ]

セ・リーグCSファイナルS第3戦   巨人1―5広島 ( 2018年10月19日    マツダ )

<広・巨>報道陣に囲まれる上原 (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人チーム最年長43歳の上原と、野手最年長39歳の阿部は現役続行の見通しとなった。

 上原は今季14ホールドを挙げ、史上初の日米通算100勝100セーブ100ホールドを達成。試合後は「自分の体をしっかり治して、これからどうするか決めていきたい」と話すにとどめた。阿部はプロ入りから18年連続2桁の11本塁打をマーク。球団では王貞治、長嶋茂雄しかいない通算400本塁打にあと1本に迫っている。CSで敗退し「来年必ずやり返す気持ち」と見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月20日のニュース