巨人・岡本 CS19打席目初安打も「大事なときに打てるバッターに」

[ 2018年10月20日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第3戦   巨人1―5広島 ( 2018年10月19日    マツダ )

<広・巨>8回2死一、二塁、岡本は一邪飛に倒れる(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 巨人・岡本は6回2死一塁で、CS19打席目にして初安打となる左前打を放ったが、8回2死一、二塁の好機では一邪飛。

 「緊張感はあったかもしれないが、自分の力不足だと思う。CSで何もできずに申し訳ないです。大事なときに打てるバッターになりたい」と責任を背負った。6月から4番を守り続け、史上最年少22歳で3割30本塁打100打点を達成。レギュラー1年目を終え「来年もしっかり打てるようにしたい」と見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月20日のニュース