作新学院 惜敗でセンバツ絶望 指揮官「強そうで弱い、力がない」

[ 2018年10月20日 15:01 ]

秋季高校野球関東大会1回戦   作新学院0―1前橋育英 ( 2018年10月20日    山日YBS )

 作新学院が前橋育英に敗れ、来春センバツ出場は絶望的となった。エース林勇成投手(2年)は11安打されながら1失点と粘りの投球を見せたが、打線の援護がなかった。

 ノーバントを貫いたが、小針崇宏監督は「バント以外で攻めていこうと言っていたが」とため息。「ヒットが出ても点が取れないのは県大会も同じで、そこから変われなかった。強そうで弱い、力がないということ」と厳しい口調でナインに奮起を促した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月20日のニュース