巨人 上原、左膝手術へ ブログで発表 来季は「いまの段階では分からない」

[ 2018年10月21日 00:23 ]

左膝の手術を受けることを発表した巨人・上原(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 巨人・上原浩治投手(43)が20日、今オフに左膝の手術を受けることを自身のオフィシャルブログで発表した。「オールスター前ぐらいから、ひざの調子が良くなく、騙し騙しのピッチングが続き球威も全然出なくなってたし、身体のバランスが悪かったんだと思います。テーピングをぐるぐる巻きにして、痛み止めを飲んだりしてたんですが、このオフに手術をすることに決めました。私生活の方にも影響してきたからね」と明かした。

 メジャーから10年ぶりに古巣に復帰した今季、7月に史上初の「100勝100ホールド100セーブ」を達成。36試合、0勝5敗14ホールド、防御率3・63だった。来季については「膝が治らないことには先に進むことが出来ません。だから、来年がどうとか、いまの段階では何も分からないです。やり残したことがあるし、気持ちはやりたいって思ってますが、これは相手があることなんで、どうなるかは…」と現役続行を希望しつつも、明言しなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月20日のニュース