K―鈴木完璧!6回零封9K 西村新監督「これまでと全然違う」

[ 2018年10月20日 05:30 ]

フェニックス・リーグ   オリックス2―0韓国・ハンファ ( 2018年10月19日    清武 )

オリックスのK―鈴木
Photo By スポニチ

 オリックス・K―鈴木が19日、宮崎フェニックス・リーグ、韓国ハンファ戦(清武)に先発し6回を無安打無失点。最速152キロを計測するなど、視察した西村新監督の前で来季先発ローテーション入りへ快投を披露した。

 「球速も安定して150キロ台が出ている。来年は(先発ローテで)しっかり投げたい」

 150キロ台の直球に、スライダーなどを効果的に織り交ぜて相手打線を圧倒。9奪三振1四球と結果を示し、西村監督も「これまでと全然違う姿を見せてくれた。この感じで投げてくれたら結果は出てくる」と評価した。

 1年目の今季は4試合に登板し防御率8・59に終わった。計7回1/3を9四球9失点と制球難が課題だったが、進化を示した形。先発陣は西が国内FA権を取得し来季以降の去就が不透明なだけに、期待がかかる。K―鈴木は「1年やって、投げる体力も自信もついた。来年に向けて、しっかりやりたい」と意気込んだ。(湯澤 涼)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月20日のニュース