西武が早くも反撃開始! 8、9番コンビで3回に2点返す

[ 2018年10月20日 15:16 ]

パ・リーグCSファイナルステージ第4戦   西武―ソフトバンク ( 2018年10月20日    メットライフD )

 アドバンテージを含め2勝2敗のタイで迎えたパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦は20日、メットライフドームで行われ、2回までに4点を失った西武が3回に反撃を開始した。

 西武は先発投手の今井が初回、2回と2イニング連続で2ランを被弾して序盤で4点のビハインド。だが、0―4で迎えた3回、下位打線がソフトバンク先発の東浜をとらえた。先頭の8番・外崎が左中間への打球で好走塁を見せ、二塁打に。続く9番・木村が左中間スタンドへ2ランを放って2点差に食い下がった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月20日のニュース