アストロズ、ぼう然本拠3連敗…ヒンチ監督「正しい言葉が見つからない」

[ 2018年10月20日 05:30 ]

ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦   アストロズ1―4レッドソックス ( 2018年10月18日    ヒューストン )

プレーオフ敗退に肩を落とすアストロズのアルテューべ (AP)
Photo By スポニチ

 アストロズは、まさかの本拠地3連敗でワールドシリーズ連覇への挑戦が終わった。

 第1戦で勝利投手となったバーランダーが6回4失点。本塁打2発に泣き「一年で最もタフな打線だった」と脱帽し、A・J・ヒンチ監督は「正しい言葉が見つからない」と悔しさをにじませた。右膝痛でDHでの出場が続いたアルテューベは試合前に指揮官に「(第6戦以降の)ボストンでは二塁の守備に就く」と直訴したが、敵地に乗り込む前に力尽きた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月20日のニュース