巨人・坂本 2発で通算1700安打も笑顔なし「負けたから」

[ 2018年9月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―8広島 ( 2018年9月29日    東京D )

7回1死二塁、坂本勇は左越え本塁打を放つ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇が初回に自身17度目となる先頭打者本塁打。この左越え16号ソロに続き、7回には自身初の看板直撃の左越え17号2ランを放つも「負けたから」と笑顔はなかった。

 昨年6月14日ソフトバンク戦以来の1試合2本塁打で、通算182本塁打は川上哲治氏を抜いて球団単独9位。4安打で通算安打数も1701本に伸ばした。手痛い敗戦となったが「一戦必勝は変わらない」と残り試合に目を向けた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年9月30日のニュース