巨人、広島戦2年連続17敗以上が決定 最多敗戦は97年ヤクルト戦19敗

[ 2018年9月30日 06:20 ]

セ・リーグ   巨人7―8広島 ( 2018年9月29日    東京D )

巨人・高橋監督(中央)は敗戦を見届けると力なく視線を落とす (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 巨人は広島に敗れ今季の負け越しが決まった。巨人のシーズン負け越しは06年以来12年ぶり8度目。

 広島には昨年が7勝18敗で、今季は2試合を残し5勝17敗1分け。巨人が同一カードで2年連続17敗以上したのは03、04年の阪神戦でいずれも10勝17敗1分けとなって以来2度目だ。また、巨人の同一カードシーズン最多敗戦は97年ヤクルト戦の19敗(8勝)。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月30日のニュース