駒大苫小牧 快勝で初戦突破 先制許すも、すぐに逆転

[ 2018年9月30日 14:26 ]

第71回秋季北海道高校野球大会   駒大苫小牧11―3釧路工(7回コールド) ( 2018年9月30日    札幌円山 )

<駒大苫小牧・釧路工>公式戦初先発で7回3失点の駒大苫小牧・山
Photo By スポニチ

 秋季北海道大会2連覇を目指す駒大苫小牧が快勝で初戦を突破した。

 初回1死から5連打で2点を先制されたが、その裏に5点を奪って逆転。打線は12長短打を放ち、公式戦初先発の背番号18の山優斗(1年)が10安打を許したが7回3失点で完投した。山は「初回が反省点。次は入りから意識したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月30日のニュース