西武、祝勝会無念の撤収 本拠ファン「ここでビールかけ見たかった」

[ 2018年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―3ソフトバンク ( 2018年9月29日    メットライフD )

祝勝会会場からビールを撤収するスタッフ (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武はソフトバンクに1―3で敗れ、球場脇駐車場の特設会場で開催予定だった祝勝会も行われず。準備されていた酒だる2つ、ビール3000本の栓が開くことはなかった。

 試合終了とほぼ同時に球団職員が会場内に入り、内部の解体作業を開始。ビールはスタッフらの手により、約15分ほどで会場外に運び出された。本拠地優勝を望んでいたファンの多くから「ここでビールかけが見たかったね」との声が漏れ、惜しむように祝勝会場をスマートフォンで撮影していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年9月30日のニュース