浅尾 謙虚にひたむきに戦い続けた12年 「悔いは本当にない」は本心

[ 2018年9月30日 12:25 ]

チームメートに胴上げされる浅尾(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 海ぶどうが大好きで、5回もおかわりしていた。12年春季キャンプ中の沖縄料理店。「僕はそんなに長くやれるとは思っていない。岩瀬さんより先に引退すると思いますよ」と話していたのが忘れられない。

 当時は実力、ルックス、人間性のすべてが文句なし。MVPを獲得しても、どこまでも謙虚だった。一方で、選手生命を削るような力投はあまりにまぶしく、危うげだった。

 この会食も浅尾らしい理由で開いた。前年の日本シリーズで、優勝に備えて独占手記を依頼。敗れてお蔵入りになったが、取材した以上は礼金を払おうとすると「新聞に載っていないですし」とどうしても受け取らない。「じゃあ、来年のキャンプでこのお金で飲もう」と言ってやっと納得してくれた。

 33歳での引退に、あの沖縄の夜を思い出した。周囲の絶大な期待を受け止め続けた12年間。「悔いは本当にない」という言葉は、本心だと僕は思う。(元中日担当・山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月30日のニュース