楽天・田中、人生初サヨナラ打 新人王に前進「絶対獲りたい」

[ 2018年9月30日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―1日本ハム ( 2018年9月29日    楽天生命パーク )

延長10回2死一、二塁、田中がサヨナラ打を放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 新人王候補の楽天・田中が2年目で初のサヨナラ打を放った。延長10回2死一、二塁。カウント1ボール2ストライクから藤岡が投じたカーブを読み切って右前に運んだ。

 「野球人生でも多分初めて。初めてだったので一塁ベースを回った後、どうしたら良いか分からなかった」と初のウオーターシャワーで濡れた顔をほころばせた。

 1点ビハインドの5回には2死一、二塁から遊撃手のグラブをはじく適時打を放ち、2試合連続の2本の適時打。9月18日のオリックス戦から7試合で28打数1安打だったが、完全に復調した。

 今季の安打数は108。残り6試合で120に乗せることを目標に掲げる。「今季しかチャンスはない。絶対獲りたい」。新人王獲得へスパートをかける。 (黒野 有仁)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月30日のニュース