×

おかわり 酷暑でも本塁打量産の源はコーチお手製“秘密のドリンク”

[ 2018年8月11日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―3楽天 ( 2018年8月10日    楽天生命パーク )

<楽・西>試合後、山川(右)をうれしそうに迎える中村(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】酷暑が続く夏。疲労がたまりやすい中でも元気にプレーを続け、かつ本塁打量産につながっている「秘密のドリンク」がある。西武・中村は「坂元コーチが作ってくれる“特製フローズン”のおかげですよ」と笑顔で明かした。

 坂元トレーニングコーチお手製のフローズンは、試合中のベンチ裏にズラッと並べられる。「回復系ドリンクの粉末を入れて、ミキサーで作るんです。体を中から冷やすように、ですね」と同コーチ。容量1リットルのミキサーを使って、試合中に4〜5回は作るという。中村らはイニングの合間などにそれをゴクゴク。シャキッと打席に向かい、そして快音を連発している。(遊軍・鈴木 勝巳)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月11日のニュース