PR:

報徳学園“強豪対決”制し8年ぶり夏1勝!ドラ1候補・小園が3二塁打3得点の大活躍

第100回全国高校野球選手権記念大会第7日・2回戦   報徳学園3―2聖光学院 ( 2018年8月11日    甲子園 )

<聖光学院・報徳学園>3回無死、報徳学園・小園は中越えに二塁打を放つ(撮影・坂田高浩)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権記念大会第7日は11日、甲子園球場で行われ、強豪同士の対戦となった第3試合は報徳学園(東兵庫)が聖光学院(福島)を3―2で下して8年ぶりの夏1勝。ドラフト1位候補の小園が4打数3安打で、大会タイ記録となる3本の二塁打を放ち、チームの全得点となる3得点をあげた。

 報徳学園は初回、ドラフト1位候補の1番・小園がいきなり二塁打で出塁。犠打で三塁に進むと、3番・長尾の遊ゴロの間に俊足飛ばして先制のホームを踏んだ。直後に同点に追いつかれたが、3回も先頭の小園がフェンス直撃の二塁打。再び犠打で三塁に進み、同じく長尾の右犠飛で生還した。

 再び同点に追いつかれたが、8回も先頭で迎えた小園がこの日3本目となる左中間突破の二塁打でチャンスを演出。続く2番・村田がこの日3個目となる犠打をきっちり決め、長尾が適時打を放ちチームの全打点となる3打点目。上位3人で3度同じ形で得点を奪った。

 投げてはエース渡辺が5回0/3を2失点の力投。2番手・木村は4イニングをきっちりと無失点で抑え、継投と堅い守りで聖光学院打線を封じた。

 一方の聖光学院は夏の甲子園での3年連続勝利とはならず。12年連続出場の強豪校が初戦で姿を消した。

[ 2018年8月11日 16:40 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月15日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム