×

【ファーム情報】日本ハム・清宮「3番・DH」で復帰 タイムリー二塁打も

[ 2018年8月11日 22:09 ]

 プロ野球のファームは11日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 楽天―日本ハム戦(秋田)は楽天が5―4。日本ハムは右肘の炎症で実戦を離れていたドラフト1位・清宮が「3番・DH」で復帰。3回に右翼線に適時二塁打を放って2打数1安打1打点だった。楽天は1点を追う7回にペゲーロが逆転の3号2ラン。1番・山崎が3安打。先発・池田は7回7安打4失点で2勝目(3敗)を挙げた。

 ロッテは巨人戦(弘前)に1―0。6回2死一塁でドミンゲスが決勝の左中間二塁打を放った。先発・関谷は5回1安打無失点で2勝目。巨人は打線が2安打。先発・大竹は6回5安打1失点(自責0)で4敗目(6勝)。

 西武―DeNA戦(西武第2)は6回表終了時で3―3、降雨コールドゲームで引き分けた。西武は金子侑が2安打1打点で、先発・国場は4回6安打3失点。DeNA先発・須田は4回8安打3失点(自責2)だった。

 ソフトバンクはナイターの広島戦(タマスタ筑後)に11―3。グラシアルが3号3ラン、4号2ランと2安打5打点。先発・ミランダは6回1安打無失点で2勝目(1敗)を挙げた。広島先発・高橋昂は5回6安打で4四球、さらに4死球を与える乱調で9失点。3敗目(4勝)を喫した。

 オリックス―中日戦(豊中)は1―1で9回引き分け。オリックスは2回に高城が2号ソロ。先発・K―鈴木は7回2安打無失点の好投だった。中日先発・清水は8回5安打1失点。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月11日のニュース