×

巨人・長野 アクシデントか 代打を送られ交代

[ 2018年8月11日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―9広島 ( 2018年8月10日    マツダ )

<広・巨>8回無死満塁、阿部は空振りの三振に倒れる(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人は4点を追う8回に無死満塁と攻めたが、阿部、陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)が連続三振するなど1点も奪えなかった。

 坂本勇、吉川尚らケガ人が続出する中、7回から三塁手のマギーが今季初めて二塁へ。先週から練習を始め「前々からコーチに(二塁を守る可能性を)言われていた」と話した。また、長野が7回に代打を送られ交代。アクシデントがあったもようで、11日からの出場は様子を見て判断される。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月11日のニュース