×

奈良大付、反骨1勝!急成長エース木村1失点完投「持ち味出せた」

[ 2018年8月11日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第6日・1回戦   奈良大付4―1羽黒 ( 2018年8月10日    甲子園 )

試合に勝利し、駆け出す奈良大付ナイン(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 急成長を遂げたエースが、奈良大付に奈良県勢6校目の夏の勝利を運んだ。木村が1失点で完投勝利。人さし指を立て中指だけで操る2種類のスライダーを駆使し、要所で8三振を奪った。夏初出場での白星に「持ち味を出せた」と笑った。

 チーム打率.458は出場校中トップ。「点を取られても打ってくれる」と笑うが、意地がある。帽子のつばに書き込むのは「エースの誇り」。外野手だったが、昨秋の県大会敗戦後に本格的に投手に転向した。当初125キロだった球速はこの日、自己最速を更新する143キロに達した。

 全国優勝校の天理、智弁学園が君臨する奈良。2強以外で夏に勝ったのは25年ぶりだ。日大三と2回戦を戦う15日は田中監督の45歳の誕生日。一丸でお祝いの勝利を目指す。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年8月11日のニュース