DeNA東「自分より背の高い」小学6年生に衝撃

[ 2018年5月29日 13:30 ]

小学生からの質問に笑顔で答えるDeNA・東(左)と国吉
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位左腕・東と国吉が29日、横浜市立吉原小学校を訪問した。子どもたちに夢を持つことの大切さを伝える「星に願いをプロジェクト」で、6年生の児童116人と触れ合った。

 事前にアンケートをとっていた児童たちの夢を聞いて、2人がそのために必要なことなどをアドバイス。国吉は「しっかりとした夢を持っているなと感じた」と感心し、キャッチボールや質問タイムなど約40分にわたって交流を楽しんだ。

 東がこの日、一番衝撃を受けていたのがバレーボールをやっている1メートル72の女子児童の存在。東はプロ野球選手では小柄な1メートル70とあって「自分より背の高い子がいて、それが一番印象に残っています」と苦笑い。さらに、1メートル96の国吉が「小学生で1メートル75〜76はあった」と明かすと「えぇ〜、マジすか…」と絶句していた。

 それでも、子どもたちには「僕は体が大きくなくてもプロ野球選手なれた。誰しもハンデだと思うものを持っているかもしれないけど、それをセールスポイントだと思って頑張ってほしい」とエールを送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月29日のニュース