ハム新助っ投マルティネス 巨人斬り5勝目「しっかり戦略通り」

[ 2018年5月29日 20:58 ]

交流戦   日本ハム5―3巨人 ( 2018年5月29日    東京D )

<巨・日>5回2死二塁、山口俊を遊ゴロに打ち取るマルティネス(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 日本ハムの新外国人右腕、ニック・マルティネス投手(27)が、巨人打線相手に9回途中まで3失点の好投で5勝目(4敗)を挙げた。交流戦白星発進となったチームは4連勝を飾った。

 「しっかり戦略通りゲームに挑んだ。鶴岡選手のリードについていったので抑えられた」。初対戦の巨人打線相手に動くボールと持ち味の攻めの投球が光った。3被弾はいずれもソロ。93球で8回0/3を7安打3失点とテンポのいい投球が5点の打線の援護を引き出した。

 「チームに勝利をつけることができたのはとてもよかった」。交流戦白星発進の日本ハムは連勝を4に伸ばし、パ・リーグ首位の西武を追走する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月29日のニュース