“交流戦男”ヤクルト青木 通算打率1位「全然覚えていないよ」

[ 2018年5月29日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト―ロッテ ( 2018年5月29日    神宮 )

ヤクルトの青木
Photo By スポニチ

 帰ってきた「交流戦男」のヤクルト・青木が、最下位に沈むチームの浮上を誓った。メジャー移籍前の11年まで、交流戦で打率・338。600打数以上の打者では最高の数字で、ロッテ戦の・381を筆頭にパの6球団相手に全て3割以上をマークしている。

 「7年前のことは全然覚えていないよ」と苦笑いしつつ、「また新しい気持ちで臨むことができる」と意欲。昨季交流戦は開幕から10連敗するなど最下位だったが、頼もしい男が09年以来の貯金へ導く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月29日のニュース