DeNA ロペス右足痛め交代、本塁打&打点のリーグ2冠が…

[ 2018年5月29日 19:35 ]

交流戦   DeNA―楽天 ( 2018年5月29日    横浜 )

<D・楽>4回無死、左前打を放ったロペス(右)は右足を痛め途中交代する。左はラミレス監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのロペスが、交流戦初戦となる29日の楽天戦(横浜)で右足を痛めて途中交代するアクシデントに見舞われた。

 1―1の4回、先頭で左翼線に痛烈な安打を放ったが、一塁に到達するとタイムを要求。顔をしかめて右太腿裏を押さえる仕草を見ていたラミレス監督は、ベンチを飛び出して自ら状態を確認。すぐに、代走に桑原を送り、ロペスはベンチに退いた。試合前時点の打率は・322。15本塁打、41打点はリーグ2冠で、打線の軸を担っている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月29日のニュース