PR:

阪神・鳥谷 連続試合出場 歴代2位の1939試合でストップ「いつかは止まるもの」

交流戦   阪神0-1ソフトバンク ( 2018年5月29日    甲子園 )

<神・ソ>ベンチに座る鳥谷(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 阪神・鳥谷敬内野手(36)は29日の交流戦開幕戦、ソフトバンク戦で出場がなく、連続試合出場記録が歴代2位の1939試合で止まった。

 鳥谷は新人だった04年9月9日ヤクルト戦(甲子園)から連続出場していたが、15年目の今季は開幕戦は「2番・二塁」で先発出場したが、打撃不振のため、途中出場が多かった。

 試合後、金本監督は「(起用する)場面が(なかった)。仕方ない。試合をやっている以上は状況があるから、いつまでもというわけにもいかないから」と話し、シーズン前から、こういう試合の時は出場がないかも、と話していたことを明かした。鳥谷も「いつかは止まるものだし、いいときも悪いときも、けがをしたときも使ってくれた監督たちに感謝しています」と、語った。

 日本のプロ野球の歴代1位は、4月に死去した衣笠祥雄氏(広島)の2215試合。同3位には阪神・金本監督が1766試合で続いている。 試合速報

[ 2018年5月29日 22:04 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月19日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム