埼玉アストライア楢岡V打「気持ちで運んだヒット」

[ 2018年5月29日 05:30 ]

日本女子プロ野球   埼玉アストライア2―1愛知ディオーネ ( 2018年5月28日    一宮市営 )

<愛知ディオーネ・埼玉アストライア>4回、決勝の中前2点打を放った埼玉アストライア・楢岡は満面の笑み
Photo By スポニチ

 ヴィクトリアシリーズは、埼玉アストライアがワンチャンスをものにした。

 4回に2死から田口、川端の連打で二、三塁とし、5番・楢岡の中前2点打で先制。これが決勝打となり「3番、4番がつないでくれたチャンスを、“何としてでも還す”という気持ちで打席に入りました。気持ちで運んだヒットだと思います」と笑顔で振り返った。先発の泉は6回4安打1失点で今季初勝利を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月29日のニュース