升毅 異例の“一族対決”、始球式で姪ますあや夫・T―岡田に投球

[ 2018年5月29日 18:35 ]

交流戦   中日―オリックス ( 2018年5月29日    ナゴヤD )

<中・オ>始球式を行う中日ファンの俳優・升毅(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 異例の“一族対決”が実現した。中日―オリックス戦の始球式を俳優の升毅が務め、打席には15年に姪(めい)でモデルのますあやと結婚したT―岡田が入った。

 始球式は熱狂的中日ファンの升毅の強い要望で実現。T―岡田には正月に会った際「交流戦で投げさせてもらえるかもしれない」と予告していたという。投球は、いいところを見せようと力が入りすぎたのか?T―岡田の背面をバウンドしながら通過。「ブルペンではすごく良かったんだけど、緊張しました」と苦笑い。3度目の始球式で最も不本意な内容とし「ぜひリベンジさせてもらいたい」と笑顔で“おかわり”を要求した。

 中日ファンの升毅だが、姪の結婚後は「もちろんT―岡田君に注目しています。パ・リーグではオリックス」。交流戦初戦の相手がオリックスだけあって「T―岡田君だけが打って、中日が勝ってくれれば…」と複雑な心中を吐露していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月29日のニュース